キャリアアップも期待できる

このコラムをシェアする

工事の計画を考えよう

スムーズに工事を終わらせるためには、みんなを指導する人のスキルが重要です。
高いスキルを持っていて、計画をしっかり考えられる人なら問題なく工事が終わるでしょう。
土木工事施工管理技士の資格を入手すれば、工事の現場監督になれます。
基本的な工事の方法を知ることはもちろん、誰に何の仕事を担当させればいいのか考える必要があります。

適当に仕事を割り振っていると、作業効率が悪くなってしまいます。
みんなのスキルを知って、それぞれにふさわしい仕事を与えてください。
責任が大きい仕事ですが、自分が先頭に立って工事を進めることで、やりがいも大きくなるでしょう。
仕事が楽しくなるので、土木工事施工管理技士になってもいいと思います。

得られる給料が増える

現場監督になることで、給料が増えるメリットが生まれます。
人に命令されて言われたことを忠実に守る仕事は楽ですが、給料も少ないので次第に満足できなくなってしまうかもしれません。
この業界でずっと活躍していきたいなら、土木工事施工管理技士になってください。
同じ時期に入った動機が、どんどんキャリアアップしていくのを見ているだけでは悔しくなります。

またずっと資格を持っていないままでは、いずれ後輩も出世して上司になります。
自分も負けずにキャリアアップできるように、早めに資格を得ておきましょう。
学生の頃なら、勉強する時間をたっぷり確保できます。
働きながらでも資格は入手できますが、勉強と仕事の両立が難しいと覚えておきましょう。